<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< bargaining | main |
GALLERY KoEN
 














先月開催された「そして、その先」展の会場となった場所
そして、先日このブログでも書いた3/29 - 3/30と迫っている「SOUND OF PEOPLE 1」の会場ともなるGALLERY KoEN。

突然のお知らせになるのですが、そのKoENが3月いっぱいで終了することとなりました。
僕がこのギャラリーと出会ったのは先月のこと。ここ一ヶ月くらいの話。
なのに、すごく付き合いの長いお店が閉まっちゃうような感覚です。

そのくらいKoENの和加子さんとの出会いは、僕にとって、そして、その先展に関わったみんなにとって大きなものでした。最初出会ったときのあの人が出す空気感と、ギャラリーの出す冷たい無機質な感じが、良い意味でミスマッチで印象的だったのを覚えています。緊張と緩和ってやつです。

その先展で僕が在廊していた期間も、和加子さんの立ち振る舞いや気配り、自然体に見せながらも、他人の展示の成功のために一生懸命になって動いて頂いてくれて、でも自分が楽しむことが大前提にあって。そんな姿に僕はただただ感動し、自分が小さくさえ見えました。この小さな箱自体が和加子さんなんだ、と、その時思いました。抱えてるバックボーンの広さ、器の大きさ。様々な経験を経て今の和加子さんが出来上がっているのだと思いますが、こんな素晴らしい人がいるんだな〜って純粋に思いました。そして、そんな素晴らしい人が経営されているギャラリーにはこれまた素晴らしいお客様が集まってくるのです。

あの展示のおかけで僕は何か目覚めました。
もうブレない。そんな気がしてます。

このSOUND OF PEOPLEという企画は、本来もう少し温めておく予定だったのですが、KoENクローズの知らせを聞いて、やらないわけにはいかない、という感情が沸き起こりました。ひらくさんと僕にできる精一杯の感謝の形を空間に表現して、KoENとの最後を刻めればと思います。和加子さんとの縁はこれからもずっとずっと続くし、何も悲観はしていません。この終わりが大きな大きな何かの始まりだということは間違いありません。絶対に。

ここまで多くのものを与えてくれたKoENさん、本当にありがとうございます。
最後の展示が僕達で光栄です。僕たちのやりたいこと、思う存分させて頂きます。もちろんKoENを想うたくさんの人達の気持ちも乗せて。
また泣いちゃうぞ、これはw


3/29 - 3/30、GALLERY KoEN

- SOUND OF PEOPLE 1 -
LANDSCAPE SESSION


そんな特別な想いで開催させていただきます。
この場所にゆかりのある方はもちろん、そうでない方も最後に一度この素敵な空間に触れてもらえたら幸いです。皆様のご来場、心よりお待ちしています。



 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hollowtrees.jugem.jp/trackback/329
TRACKBACK