<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

morning lake


Verdure Lake



阿蘇にある水源の中でも一番好きな場所。

ここに来ると気持ちがスゥ〜っと穏やかになる。
lake




いろいろと時間に追われていたので、近所の秘密の場所へリセットに。

こういうなんでもない溜め池、昔から好きなんです。

写り込みも◎

Fountain

 
やっと


ネットが復活。

原因が全く分からなかったのですが、さきほどモデムをがむしゃらに触ってみたところ、繋がりました。笑

どうやら接触のようです。

これでやっとBLOGも書けるので、また遊びに来てやってください。

Frog





























昔は近所にもよくいたアマガエル。

写真は昨年撮ったもの。

今年はまだ1匹もアマガエルを見ていない。

生息しているはずであろう場所にもいない。今年はおかしい。

何年か前にカエルツボカビ症っていう両生類の致死的な感染症の感染が確認されとったけど、現在はどんな状況なんやろ?

カエルツボカビ症について

近い将来、かえるの歌をほとんどの子供が知らないっていう時代が来るかもしれない。

食い止められるのは今しかないんだ。

かといって僕達に何ができるのかはわからないけど、できることを見つけようとすることが大事なんだと思う。

少なくとも僕が死ぬまでは、あのカエルの大合唱が田舎で響いててほしいな。
JAPAN

日本、おつかれさまでした!

正直、今日の試合は泣いたな〜。

夢をありがとう。そして、このW杯が次へのステップになることを信じています。

より高みを目指して。僕の4年後はどうなってるんだろう。



↑ 2年前くらいに撮った佐世保のとある風景。サムライブルーな感じがしたので、ついつい載せたくなりました。笑

さー、ここからは好カードの連続。楽しみすぎる。

DOCK RUIN
佐賀県の伊万里に浦崎造船所(川南造船所とも言う)の廃墟があるのですが、少し前に解体が決まったとの知らせがありました。工場が閉鎖する前から合わせるともう半世紀以上も経っている建物です。

また後世に残しておくべき近代遺産が一つ失われようとしています。

今思えば僕が廃墟に興味を持ち始めたのは、この廃墟と出会ってからのように思えます。

それまでも廃墟自体は好きだったのですが、それは単にビジュアルがかっこいいとか、空気感が好きといった表面上だけの「好き」でしかありませんでした。

最初この廃墟に入った時、今まで見てきた廃墟とは全く違う異質なものを感じました。(霊気とかそんなんじゃなくて。)

DSCF6282

DSCF6279

DSCF6249

なんともいえない生々しさが全身を駆け抜けて、鳥肌が立ち、その場所にしばらく立ちすくしていたのを今でもはっきり覚えてます。

廃墟の洗礼というやつでしょうか。

スケールもでかく、中に入ったときの非現実的な空間にはもちろん圧倒されるのですが、それだけではない何かが僕の心を震わせているんです。

よく見ると時代を感じさせる標語みたいなものがあちらこちらに。きっとこれは戦時中の頃に使われていた工場に違いない。そう思いました。

その日、自宅に帰って調べてみたところ、もともとはガラスやソーダ灰を製造輸出する工場だったそうで、そこに昭和15年川南工業浦之崎造船所が移転。

太平洋戦争勃発後、昭和18年には軍需工場の指定を受け戦時標準船や特殊潜航艇などを製造。

ん??特殊潜航艇???

それ「人間魚雷」のことじゃありませんか。。

そう、なんとここはあまりにも悲しい過去を背負った工場だったのです。

僕があの時何かを感じとった理由も納得でした。

DSCF6263

DSCF6257

この川南造船所は船体を別々に作ってドックの中で溶接して作っていたためドックの効率が良く、当時はあの三菱造船と並ぶ生産量を誇っていたほどの大きな会社だったそうです。

学徒勤員含め2500人の他、囚人、朝鮮人、俘虜なども就労させていたのだとか。

今はその風景も想像が出来ないほどひっそりと草木にスッポリと覆われています。

DSCF1216

DSCF1221

DSCF1224

まるでその草木達が悲しい記憶までをものみこんでいるようにさえ見えます。

終戦までに訓練を受けた回天(人間魚雷)搭乗員は、海軍兵学校、海軍機関学校、予科練、予備学生など、1,375人でしたが

実際に出撃戦死した者は87名(うち発進戦死49名)、訓練中に殉職した者は15名、終戦により自決した者は2名。

回天による戦没者は、特攻隊員の他にも整備員などの関係者もあり、それらを含めると145人になります。

「死」を覚悟しなければならなかった者達の気持ち。その者達の家族・愛する人・友の気持ち、考えただけでも胸が苦しくなります。

この場所で、そんな悲しい武器が生みだされていた思うと本当に複雑ですね。こういうことが二度と繰り返されぬことを祈るばかりです。

DSCF6267

DSCF6270

DSCF6278

DSCF1233

しかし、半世紀経った今も取り壊されずに残っているということは、なにかしらの意味がきっとあるのでしょうね。

実際、僕もこの事実に触れたことで、この日本に眠っている様々な廃墟に触れていきながら多くの歴史を学んでいきたいと思うようになりましたしね。

知識だけではとても味わえないリアリティーが廃墟にはあります。

あ、だからといって僕は廃墟探訪を勧めようと紹介しているわけではありません。

廃墟への立入は様々な危険を伴う場合があります。それらのリスクはすべて自己責任であることを忘れないで下さい。

だいぶ話しが逸れてしまいましたが、そんな思い入れの強い場所が無くなるということはなんとも寂しいことです。

終戦後の46年に軍需工場指定を解かれて、55年に閉鎖されましたが、土地の免許失効や地権者が全国に散在していることなどで、取り壊せなかったそうです。

地元住民でつくる山代町開発促進協議会は2009年6月、緑地公園にするよう市や県に要望。

現在、市は10年度に建物を買い取り、11年度に撤去する計画を立てています。

近くの住民からは「危ない」「戦争の悪いイメージを残す」「造船所跡は地域の過疎化の象徴になっている。早急に撤去し、地域の憩いの場にしてほしい」などの、撤去を求める声が上がっていたそうです。

僕は全くそうは思いませんが。

一方、近年の”廃虚ブーム”で全国から見学者もあるそうですが、それにより倒壊の危険性を高めてしまったため取り壊すことが決定的になったんだとか。

伊万里市が撤去した後、公園化する方針だそうです。

撤去計画を聞き、「広島の原爆ドーム同様、戦争の傷跡を後生に伝える平和遺産として残してもらいたい」など、昭和の歴史を伝える戦争遺跡としてあらためて保存を求める声も上がっています。

伊万里市川南造船所廃墟の解体撤去に反対する署名運動も始まっていますので、解体反対の方、興味のある方はこちらへどーぞ。
http://www.shomei.tv/project-1519.html

もしも保存が決定したとしても、軍艦島のようにギッチギチに整備されてしまうんだろうなー。。

まあ身の安全から考えると当たり前なんですが。

中まで入れるのは今年が最後かもしれません。

DSCF1238

DSCF1236

DSCF1223

どういうかたちであれ、どうかこの場所がこの先もずっと残っていますように。

party party party !!!
さーて、明日から濃い濃い三日間の始まり。
 
明日のcross pointが終わって、次の日の熊本mosaic・そのまた次の日の北九州DIG IT! DIG IT!とCRO-MAGNONに同行します。さすがに北九州の次の日の大分までは残念ながら無理っぽいですが。。。
 
アルコール漬けの体が完成しそうです 笑

とりあえずまずは明日のライブ、絶対に成功させたい。がんばります!
 
熊本や北九州でたくさんの人との出会い、楽しみです。
 

3/19(金) @福岡Keith Flack ~cro-magnon 九州tour 2010~
 Adv: 2500 / 1drink order, Day: 3000 / 1drink order
 Open: 22:00

[2F] Live: Cro-Magnon with Special Guest, Spooky, Mahina Apple Band, MONO SAFARI
Dj: Juzu a.k.a Moochy, Hikky The Madness Vj: sati. (HUEMM)
 
[1F] Dj: Ryuki, Yoshifuku, Tokijiku, Mr.Loop Food: Grandmaster Fresh, Ibizarte Deco: Forestribes




3/20(土) @熊本NAVARO NAVARO × mosaic SPECIAL!

22:00START
 adv:2500yen(+1DRINK ORDER) day: 3000yen(+1DRINK ORDER)

SPECIAL GUEST LIVE:cro-magnon(JAZZY SPORT) from TOKYO
 
DJ: sara a.k.a TAKAMIYA(NAVARO / clear) MUNEMAN(ORUM) mosaic(YUKI / HIRAKU / TESSY)




3/21(日) @北九州BER DIG IT! DIG IT! DELTA&SOILFROG&DIG IT DIG IT presents 『CRO-MAGNON TOUR 2010』
 
OPEN 22:00

TICKET 2,500YEN / WITH FLYER 3,000YEN / DOOR 3,500YEN
 
~guest live~ cro-magnon

-DJ- TOSHIBO(DELTA/KOKURA PRO/ROOT DOWN) NOBORU(DELTA/KOKURA PRO/POUR) SEIJI(DELTA/KOKURA PRO/POUR/JOINT) GUCHI(LINK/CANDY) KAZOOS(T.O.G) ATSUSHI(SOIL FROG/T.O.G/Life) -MC- COUMOLY(T.O.G)
 
TICKET INFO soilfrog@hotmail.co.jp





3/22(月) 大分別府『月塔家族 -ghetto familia-』 @oitawentv 別府タワーホール(3F)
 
19:00 OPEN 20:00 START ADV 3,500円(+1d) DAY 4,500円

LIVE: cro-magnon 鎮座DOPENESS
appreciation



現在天神イムズの8F三菱アルティアムで行われている稲葉英樹氏の展覧会に行ってきました。
 
なんとなーく名前は知っていたのですが、いつも街や生活の中で目にする様々な「ロゴ」を手掛けてらっしゃる方でした。

展覧会のテーマは「プリント」。

POPで、遊び心がある中にもグラフィックの芸術性を追求する稲葉氏の情熱を感じ取ることができました。
 
印刷って奥深いなー。

展覧会は残り5日くらいしかありませんが、オススメですよ!