<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Ruins - school - #3
 



中にinしてみる
体育館や廊下、用具倉庫、何故かビリヤード台まで。

憧れの板張りの廊下。
状態もすごく良いし、これから数年かけてもっともっと味が出そうです。
是非とも後世に残してほしいもののひとつですね。




























Ruins - school -
 



旧池原小学校。外観













passage
 




10月、とある廃校に出会いました。
明日に続く。










- SHIME - Coal Mine
 




冬の志免炭。
この場所も年々子供たちの遊び場として定着してきているように思う。

こんな異様な建物の下で当たり前のように遊ぶ子供たち。それを当たり前のように見守る親達。
僕はそんな光景が、本当にすごいことだと思い、思わず微笑んでしまった。
1995
 





カレンダーは1995年で止まっていた。
僕が9歳の頃だ。

9歳の頃は26歳になると思ってもいなかった。
ある程度のお金持ちになっている歳なんだろうなと思っていたし、かなりの大人なイメージもあった。

真逆だ。

いつまでも子供で、金なんてありゃしない。

でもそれでいい。多くは望まず、少しの幸せがあればそれでいい。
満たされたらそこで終わりなのだから。

そんなことを廃墟に来ると思ったり思わなかったりw

大牟田 廃墟シリーズ 〜 終わり 〜
Found by chance
 





昨日の続き、食堂の廃墟の隣にあったのがこの大きな大きな廃墟。
どうやらここはニット工場の跡地のようです。

全部で三つくらいの建物があって、隅々まで白い壁に包まれた光と闇が共存する空間。

落書きもなく、テーブル・イス・道具達の配置も美しいものがありました。
新緑の頃にもう一度訪れたい場所です。
enter secretly





万田坑を見学するつもりが正月休みでゲートが閉まっていました。。
しかし周辺を散策すると、出てくる出てくる。

大牟田は廃墟好きにとってはたまらない場所です。

ここは当時社員食堂だったようです。
circumference
 






外観からすでに良い味出してます。
次回は潜入編です。
Coal Mine
 


大牟田 万田坑、再訪しました。
今回も大収穫。

久々の廃墟シリーズ
しばしお付き合いお願いします。。。
a little
 




久々の廃墟。
長崎遠征の時に大島に寄っていきました。

何も変わらない。
でもすこしずつ変わってる。

自分も、そして廃墟も。